シャント手術を受けられる患者様へ

当院では栃木県外からシャント手術のご依頼があります、その患者様は血管が細く手術が難しいためにご紹介されてきます。困難なシャント治療でも経験豊富な腎臓内科専門医師、心臓血管外科医師とのハイブリット手術で対応します。栃木には私たちがいる。
当院でのシャント手術は全て日帰り手術になります。入院の必要がある患者様はシャント地域連携施設新小山市民病院への紹介となります。
シャント手術について
シャントとは何か?なぜ必要か?
血液透析をするためには血管に透析に使用する針を刺し、1分間に約200mlの血液を機械に導く必要があります。機械で有害な物質(尿毒素)や水分を取り除いて、体に返す必要があります。私たちの体の中には静脈と動脈があります、病院や健診で採血に使用するのは静脈です。静脈は動脈に比べて圧力が低いため、しばらく指で押さえておけば止まると思いますが、血液透析に必要な血液量を確保するには動脈のような高い圧力が必要です。しかし、動脈に毎回針を刺すことはできません。そこで、自分の静脈と動脈を手術でつなげることで静脈内に動脈の高い圧力のあるを流すことで血液音流れを作るのがシャントです。血液透析で使用できるようになるまでに数か月かかるので早めに準備しておくことが必要です。

 

自己血管内シャント
基本的には利き手の反対側の親指の根元の付近に局所麻酔下で約2-3cm切開し、橈骨動脈という動脈と、橈側皮静脈という静脈を縫い合わせます。手術時間は約1.5時間位です。

 

人工血管内シャント
もしも自己血管が細くて十分なシャントができなさそうであれば人工血管を使ってシャントを造設します。この場合は腋のところに麻酔をします。術後数時間は手術した側の腕が動かしずらくなるので、お帰りの際は三角巾を使用します。手術時間は約2時間位です。
いずれも基本的に日帰り手術となります。(入院対応も可能です)
上腕動脈表在化
心機能が悪い、ご高齢、認知症がある。そのような患者様にお勧めするのが上腕動脈表在化です手術時間は約2時間位です。長期留置カテーテルのバックアップアクセスとしても作製します。

 

合併症
局所の腫れ・痛み
お帰りの際に炎症止めの内服薬をお渡しします
※人工血管使用で時に局所の腫脹がしばらく続く場合があります

 

感染(手術創が赤くはれたり発熱したりする)
予防的に手術中に抗生剤を投与します。抗生剤のアレルギーがある患者様は内服処方をいたします。
※状況によっては局所処置や再手術を要する場合もあります(まれ)

 

出血
通常はガーゼが赤くなる程度で、今まで輸血を要したことはありません
※特に他疾患にて抗血小板剤を内服されているような場合、手術後にジワジワと創部から出血してくることが起こり得ます。ご心配な場合はすぐに当院までご連絡下さい。

 

早期のシャント閉塞
カテーテル治療を行って再開通させますが、不成功の場合は再手術を行うこともあります

シャントの寿命

シャントは透析ごとに血液を取り出す所と返す所との2ヶ所を穿刺されます。これを週に3回するため、1年(52週)では約300回穿刺されることとなります。そのため、シャントの血管は徐々に荒廃してきます。その結果、シャントの一部が狭くなったり、つまったりします。シャントの一部が狭くなると透析の血流不足、静脈圧の上昇、シャント肢の腫脹などが見られます。この時はシャントの造影検査などを行い、PTA(バルーンによる拡張術:風船を付けたカテーテルで狭いところを広げる)あるいは手術でなおすことになります。また、つまった時は、シャント音やスリルがなくなり、腕が冷たくなります。当院ではそのようなときにはPTAで対応します。ほとんどの治療が可能ですが種々tが必要な時もあります。シャントの寿命を左右する因子はいろいろこありますが、基礎疾患が糖尿病、高年齢、女性ほど開存率が低くなります。これは、血管病変や動脈硬化を有することと関係しているからだと考えられます。この他に心合併症を有している患者さんや長期にわたる療養により末梢の静脈系が荒廃している患者さん、皮下脂肪が多く血管の細い女性の患者さんのシャントの寿命が短いと言われています。シャントの種類別では報告されているでーたーでは自己血管内シャントの寿命は、3年で65%であり,5年で55%でした。また,人工血管内シャントにおいては3年で約30%,5年で約20%という成績でした。このように、自己血管内シャントは5年後も半数以上の患者さんで使いつづけることができます。しかし、人工血管のシャントの寿命は短く、3年後には70%ほどの患者さんが再度手術を受けています。